トレンドNEWS

星野翠

セプテムプロダクツ|中国人採用から「海外展開」について考える

■最近の外国人採用について

最近になって、街中で外国人観光客を見かけることが増えたと感じている方も多いのではないでしょうか?
コンビニや飲食チェーンなどでは、中国人の定員が接客している光景を目にするようになりました。
特に最近は中国人観光客が多く訪れ、品質の高い日本の商品をこぞって買い求める「爆買い」も、ニュースに取り上げられ話題になりました。
外国人観光客と言っても、数を伸ばしているのが中国人や韓国人・台湾などのアジア圏です。
また、日本はインフラが整備され、生活水準の高さや清潔さ、日本人ならでは礼儀正しさなども大きな魅力になっています。
なぜここまで外国人は急速に増加したのでしょうか?
実は、日本政府はこれまで外国人には厳しかった観光や就労ビザなどの条件を緩和しています。
観光しやすく、移住して仕事もしやすい環境づくりに国を挙げて取り組んでいるのです。
安倍政権は外国人労働者の受け入れ拡大政策にも積極的な姿勢を示しています。
例えば、2016年4月には外国人雇用協議会が設立されています。
このように、深刻な労働者不足が大きな要因となり、ここ数年で中国人や外国人労働者が増え続けているのです。
東京オリンピックが開催される2020年には、訪日外国人の数も年間4000万人になると予想されており、その数はさらに伸びるだろうと言われています。

企業による外国人採用についても見てみましょう。
労働者不足に特に苦しんでいる企業は中小企業で、その対策として外国人労働者の採用を掲げています。
事業所規模別に見ても、30人未満の規模で外国人労働者を雇用している事業所は全体でも最も多く56.7%を占めています。
産業別にすると、製造業・卸売業、小売業・宿泊、飲食サービス業が多いのが特徴です。
外国人労働者を採用すると、社内の活性化・イノベーション力向上・海外進出を視野に入れた企業運営が可能になるというメリットがあります。
外国人は、日本人とは異なる考え方をもっているので、日本の従業員と外国人とが交流することで新しい発想が生まれやすく、イノベーション力も向上するのです。
また、外国人労働者は母国語・日本語の両方を話せる貴重な存在でもあるので、海外進出を考えている企業にとっても有利になるでしょう。
現地に言葉をはじめ、文化や生活習慣を理解することで、現地の企業の信頼度も獲得しやすくなるのです。
しかし、まだ外国人労働者を受け入れるための言葉や文化の壁に対する壁が大きく、対応が追い付けていないのも現状です。
企業が日本経済に大きな恩恵を生み出すインバウンドビジネスをするためには、社内整備や研修などを構築し、外国人労働者の受け入れ体制を強化していく必要があるでしょう。

■セプテムプロダクツの概要

セプテムプロダクツは、中国人採用によって海外展開を考えている企業の1つです。
ここでは、そんなセプテムプロダクツの概要を紹介しましょう。

【事業内容】

セプテムプロダクツは、化粧品・医薬部外品・ヘアケア・ボディケア商品・美容関連商品・栄養補助食品の研究・開発・販売を手掛ける企業です。
中でも24種類の和漢植物エキスを配合したエルテオやエイジングケアドリンクのリアンディーナなどは人気商品で、実際に肌や身体の調子が良くなったという声が多いのも特徴です。
そんなセプテムプロダクツは1995年7月27日に設立しました。
愛知県名古屋市中区に本社を構えており、東京や大阪にも支店を設けています。
名古屋支店にはエステビルサロンもあり、多岐に渡るサービスを提供しています。

【企業理念】

企業理念を紹介する前に、セプテムプロダクツの社名の意味を紹介しましょう。
セプテムプロダクツには、「笑顔・楽しみ・優しさを創造する」という意味が込められています。
企業理念は、そんな社名に込められた思いを実現していくものになっており、強い信念を持ち従業員や取引先と関わっていき、進化し発展し続ける企業でありたいと考えているのです。
笑顔・楽しみ・優しさを生み出すのは難易度が高いと考える方もいるでしょう。
しかし、多くの人々が必要としている美容の分野であれば、それが実現できると確信し事業に取り組んでいるのです。
それは商品のコンセプトにも反映されており、人間が本来持っている「ホメオスタシス」の機能を取り戻し、本当の意味での美しさを保つことを大切にしています。
元々持っている機能を守り、本来の機能を取り戻すことで笑顔・楽しみ・優しさを生み出そうと考えているのです。

【セプテムプロダクツの強み】

企業としての強みも他にはない特徴を持っています。
セプテムプロダクツではユーザーの声を積極的に取り入れた商品を開発しており、全国に代理店ネットーワークを構築して品質の高い商品を提供しています。
ただ品質の高い商品を女性を美しくするために販売しているのではなく、女性が笑顔を毎日を過ごしていけるような環境を創造していくことを目的にしています。
そのため、商品を開発・販売して終わりではなく、ユーザーからの声を取り入れて、より良い商品にしていくために改良を続けているのも大きな特徴です。
実際にユーザーの声を受け止め取り入れていくという考えは、社内でも仕組み化されています。
例えば、セプテムプロダクツでは従業員のアイデアも活かし業務改善や事業立案を図っています。
常に独自性を持ち最先端を行く企業になるためには、ユーザーや従業員の声に耳を傾け、できる限り解決していくことが必要不可欠なのではないでしょうか?
ユーザーや従業員が求める声を反映した事業開発にも積極的に取り組み、それが働きがいのある職場づくりにもつながっていると言えます。
そうして誕生した事業には、託児事業・旅行代理業・婚活サービス・医療機関向け商材・WEBショップ・保険事業・ペット保険事業など多岐に渡ります。
近年では、実際に従業員が発信したことが形になっている企業は珍しいでしょう。

■セプテムプロダクツの中国人採用概要

セプテムプロダクツでは、中国人の採用も行っています。
ここでは、セプテムプロダクツの中国人採用の概要について見ていきましょう。

【セプテムプロダクツの募集概要】

セプテムプロダクツで募集している職種は、営業や事務の総合職となっていて、営業や営業事務、保険事務、総務、経理など様々な仕事を担います。
3年ほど各部署を回り、やりたいことなどを見つけるというスタイルを採用しています。
営業は化粧品の販売代理店向けの説明会や研修会の企画や立案などを行い、営業事務は電話や注文用紙の受注入力、データの出力、問い合わせの対応などを行います。
保険事務は、保険の申し込みや事故の受付、保険金の請求受付などが主な業務です。
その他にも、WEB制作や広告宣伝業務などの仕事もあるため、自分自身の強みを活かせる部署が見つかるでしょう。
勤務地は、愛知県名古屋市と稲沢市、東京都、大阪府のどこかになります。
勤務地は基本的に希望を考慮してもらえますが、最初は愛知県からのスタートになるというケースが多くなっています。

【セプテムプロダクツの待遇や福利厚生】

続いては、セプテムプロダクツの待遇や福利厚生についてです。
給与は、4年制大学を卒業した人の場合、3ヶ月間の試用期間中は月給19万5,000円、本採用後は年俸制になり、年報は300万円(月給に換算すると25万円)からとなります。
昇給は年に1度4月にありますが、賞与は年俸制のためありません。
年間休日は124日で、完全週休二日制(土曜日・日曜日・祝日)です。
ただし、会社や部署のカレンダーによって変わる可能性があります。
夏季休暇や年末年始休暇、慶弔休暇、特別休暇、年次有給休暇ももちろんあります。
また、厚生年金や社会保険、雇用保険、労災保険といった社会保険、退職金や慶弔金、社員割引制度といった各種制度も整っています。
教育や研修制度に関しては、入社後に2週間行われる新入社員研修をはじめ、各部署の勉強会などが行われているため、スキルアップもしやすい環境となっています。

■中国人採用を行う理由

続いては、セプテムプロダクツは中国人採用を行う理由についてご紹介していきます。

現在セプテムプロダクツは、新しいビジネスモデルを構築するための取り組みを行っています。
その取り組みの中では、これまでにはなかった発想が必要だと考えられるのです。
そのため、中国人を採用し、海外から見た視点を取り入れることが重要だと考えているのでしょう。
新たな取り組みをスタートさせるためには、既存の社員と新入社員の連携ももちろん必要です。
しかし、上手く周りを巻き込んでいける人物であれば、積極的に取り組みに参加できると考えられます。
そしてそれは、外国人だからこそできることでもあります。
なぜかというと、これまでの固定概念にとらわれることなく、その取り組みに参加できるからです。

特に中国人は、自意識が高いと言われているため、自分自身の考えを積極的に発信していく傾向もあります。
それは、新しい動きを取り入れるためには大きな役割になると言えるでしょう。
このような要因もあって、セプテムプロダクツは中国人採用を行っているのではないかと考えられるでしょう。

■総括~セプテムプロダクツが目指す「海外展開」とは?~

セプテムプロダクツと同じような事業を展開している会社の中には、すでに海外展開をしているというケースもあります。
そのような会社のビジネスモデルを参考にしながら、セプテムプロダクツも海外展開を目指しているのではないでしょうか。
では、実際に海外展開をしている例を挙げながら、セプテムプロダクツが目指すものについて考えていきましょう。

・資生堂
資生堂は、海外の売上高を年々伸ばしている会社です。
世界88ヶ国で資生堂の商品が販売されています。
また、中国専用のブランド・オプレの再生にも取り組んでいます。
このことから、中国をメインに事業を展開していることが分かります。
しかし、中国以外にも進出している国があります。
それが、ベトナムやギリシャ、トルコなどです。
これらの国には海外の子会社があるので、海外進出をさらに進めていくことが予想できるでしょう。
海外進出をすることで、さらに売上が伸びていく可能性が出てきます。

・コーセー
コーセーは、2007年にアラブ首長国連邦やミャンマーでの商品販売をスタートしました。
コーセーの場合は、中東諸国をメインにした海外展開を目指しているようです。
これからも海外での販売経路を増やしていき、海外の売上高を伸ばしていくことが予想されます。

・ポーラ
ポーラは、2020年までに海外での売上比率を20%まで伸ばすことを目標にしたビジネスを展開しています。
2011年には「H20 PLUS」、2012年には「Jurique」という海外ブランドの買収を行っていることから、本格的に動き出したことと言えるでしょう。
しかし、2015年の段階でこれらのブランドの売り上げがそこまで伸びなかったため、海外の売上比率は停滞してしまいました。
そのため、ポーラではこれらのブランドのコンセプトを活かせるようなビジネスモデルへと変更させています。
2020年までにその結果がある程度出てくると予測されるでしょう。

セプテムプロダクツは現在、ビジネスをさらに大きく展開しようとしています。
その一環として、海外展開があります。
新たに海外展開をするということは、簡単なことではありません。
しかし、これまでに成功している事例を参考に、海外展開をしていくと予想されます。

近年、外国人採用をする会社が多くなっています。
セプテムプロダクツも例外ではありません。
外国人採用を行っているということは、将来的に海外展開を視野に入れていることも容易に想像ができます。
セプテムプロダクツの場合は、中国人採用を積極的に行っていることから、中国への進出がもっとも可能性が高いと言えるでしょう。
このようなことを踏まえて考えてみると、セプテムプロダクツは今後、海外展開を視野に入れた事業をスタートさせたり、海外での商品販売に力を入れたりする可能性が大きいということになります。
将来的に海外展開を視野に入れた事業を開始する現段階から、注目しておきましょう。

関連記事

  1. 星野翠

    星野翠(ななつぼし代表)氏の経歴や実績は?SAKELOGY起業の経緯は…

PAGE TOP

口コミ調査

レイノスってどんな会社?スカウト会社への転職希望者必見!!

口コミ調査

新エネルギー計画株式会社の採用情報を口コミ評判から分析!

社長特集

此本臣吾(野村総合研究所社長)の口コミや評判について

此本臣吾

社長特集

荒川佳一朗|ワイジェイFXからTAOTAOへ 社長交代を発表した荒川氏の経歴と今…

社長特集

高橋修司(セイコーウォッチ社長)のキャリアや口コミ・評判について

高橋修司